ネットショップ仕入れの卸問屋や卸サイト

ネットショップ仕入れの卸問屋や卸サイトを紹介しています。倒産品仕入れはココ!https://goo.gl/WAVNQS

余剰薬転売で有効活用=現金問屋、「必要悪」指摘も-ハーボニー偽造品事件

ハーボニーの偽造品が持ち込まれた「現金問屋」と呼ばれる零細卸売業者は古くから存在し、薬局などから余った医薬品を現金で買い取り、必要とする医療機関などに転売してきた。薬の有効活用に貢献する一方、「秘密厳守」の商習慣から過去にも偽造品流通の舞…

ネット「ダフ屋」対策、「国外で転売」も規制へ

コンサートチケットなどの高額転売を規制する新たな議員立法で、国外で日本人がインターネットを通じて高額転売した場合も違法とすることが9日、わかった。 2020年東京五輪・パラリンピックのチケットが海外で高額転売される可能性もあるため、規制対象…

「はれのひ」篠崎社長、自己破産を検討

突然、営業を中止した横浜市の振り袖レンタル会社『はれのひ』の篠崎洋一郎社長が、自己破産を検討していることが分かった。法人としての「はれのひ」は10億円を超える負債を抱えているとみられ、26日に破産手続きの開始が決定した。篠崎洋一郎社長(今…

「はれのひ」破産手続き開始 午後7時から会見へ

成人式の直前に突然営業を停止した振り袖の販売・レンタル業者「はれのひ」が、26日午後、破産手続きの開始決定が横浜地裁によって出されたと発表した。 「はれのひ」は、2018年の成人式の直前に突然営業を停止し、振り袖を購入したりレンタルしていた女性ら…

日本を代表する草分け的スキー雑誌 『月刊スキージャーナル』 を発刊、スキージヤーナル(東京都北区)が破産を申し立てられる

スキージヤーナル(株)(TDB企業コード984293998、資本金1000万円、東京都北区滝野川7-47-3、代表長橋好美氏)は、元従業員ら21名から1月9日に東京地裁へ破産を申し立てられ、受理されたことが判明した。 元従業員ら21名の代理人は関秀忠弁護士(東京都千代…

2017年の「太陽光関連事業者」の倒産、過去最多

2017年(1-12月)の「太陽光関連事業者」倒産が過去最多を更新した。倒産件数は88件(前年比35.4%増)で、調査を開始した2000年以降で最多だった2016年の65件を大きく上回った。 過去最多の更新は3年連続で、太陽光関連業界の落ち込みを示す結果となった。 …

メルカリ転売で稼ぐ商材の仕入れ方法って?!

メルカリというフリマアプリが人気ですね。テレビCMもやっていますし、周りの友達もよく利用しています。 さてこのメルカリですが、転売のプラットホームとして、利用することもできますね。肝心のメルカリ転売で稼ぐには、もっとも大事なこととして、転売の…

磁気治療器ジャパンライフが倒産 1年で処分4回 倒産品仕入れにつながる可能性は?

家庭用磁気治療器を販売するジャパンライフ(東京)が2度の資金ショートをおこし、26日に銀行から取引停止処分を受けて倒産したことがわかった。民間信用調査会社の東京商工リサーチが明らかにした。都内の本社は連絡がつかない状態となっている。 ジャパ…

株式会社ファイブ・ミッションズ(旧商号:シミズメガネ) 破産手続き開始決定

メガネ小売昭和3年創業、最盛期には大阪を中心に50店舗運営破産手続き開始決定受けるTDB企業コード:580122768 負債9億3000万円 「大阪」 (株)ファイブ・ミッションズ(旧商号:(株)シミズメガネ、資本金2000万円、東大阪市長栄寺2-12、代表清水靖信氏)…

「ロレックス」などの並行輸入業者 破産手続き開始決定受ける

「東京」 (株)アイム(資本金2660万円、港区芝大門2-11-1、代表上野善弘氏)は、11月20日に東京地裁へ準自己破産を申請し、同日破産手続き開始決定を受けた。 破産管財人は小畑英一弁護士(千代田区永田町2-11-1、LM法律事務所、電話03-6206-1310)が選…

せどりや中古品転売業界にとってはフリマアプリ「メルカリ」の普及も脅威

せどりや中古品転売業界にとっては、テレビCMでの宣伝などで近年急速に普及しシェアを伸ばしたフリマアプリ「メルカリ」も非常に脅威となる存在です。 この様な消費者が容易にリユース品を市場に再流通させるサービスの登場は、ミクロ経済的視点で自分の目の…

詰め放題の土橋商店さんが仕入れに利用する謎の卸業者とは?

メディアで人気の土橋商店(中野にある)。詰め放題、が人気の通販もやっている卸問屋だ。 2016年11月16日放送の「おじゃMAP!!」でも、その異常な激安ぶりから出演者もビックリ。香取君もザキヤマさんと共に、土橋商店の激安500円詰め放題に参戦。いったい何…

今年10月までの「飲食業」倒産件数が2割増、3年ぶりの年間750件超えへ

今年2月から、個人消費喚起を向上させるキャンペーンとして鳴り物入りで、プレミアムフライデーが実施されたが、それを尻目に2017年1-10月の「飲食業」の倒産は634件に達した。前年同期より2割増で推移し、3年ぶりに年間750件を超える勢いをみせている。 負…

新興企業は7割が倒産、最大の理由は「ニーズがなかった」

中には巨額の利益を上げるようになる会社もある──。2005年、当時は「thefacebook.com(ザフェイスブック・ドットコム)」と呼ばれていたウェブサイトに1480万ドル(約16億円)を投資したベンチャーキャピタルの米アクセル・パートナーズは、最初の出資額の37…

東北6県の倒産164件 今年度上半期 過去3番目の少なさ

今年度上半期(4~9月)の東北6県の企業倒産(負債額1千万円以上)は164件、負債総額は261億5900万円だったことが、信用調査会社「東京商工リサーチ」のまとめで分かった。件数は前年同期比4・09%減、負債総額は31・44%減。件数は昭…