ネットショップ仕入れの卸問屋や卸サイト

ネットショップ仕入れの卸問屋や卸サイトを紹介しています。倒産品仕入れはココ!https://goo.gl/WAVNQS

物流、旅行に影響じわり 関空閉鎖で北陸 仕入れ、出荷滞る

台風21号の被害を受けた関西空港の閉鎖が5日も続き、北陸の企業活動にも支障が出ている。関空周辺にある物流拠点が浸水し、仕入れや出荷が滞るなど物流網への影響が目立つ。いまだ被害の全容がつかめない中、一部のメーカーは別の空港からの代替輸送や陸送、船便に切り替える検討に入った。関空を出発するツアーでは予約キャンセルが相次いでおり、旅行業界にも懸念が広がっている。

 「海沿いの荷主の倉庫が軒並みやられた。現地は諦めムードが漂っている」。関空の対岸に営業所を置く若松梱包運輸倉庫(白山市)の若松道行専務は嘆く。同社は空港間の国際貨物の輸送に加え、国内で加工食品などを輸送する業務を担っているが、取引先の大手食品メーカーの倉庫が浸水したため、集荷に遅れが生じているという。

 現時点で、取引先から中京や首都圏の倉庫にある在庫を活用してほしいとの申し出はないとし「被害状況の把握にてこずっている取引先もあるようだ」と話した。

 トナミ運輸(高岡市)は関空を使う荷物を運べず、近畿地区の営業拠点で足止めを余儀なくされている。担当者は「今からほかの空港に振り替えることはできない。復旧を待つしかない」とこぼす。

 物流網の混乱を予測し、輸送ルートの変更を検討する製造業者もある。

 小松精練(能美市)は関空経由で繊維製品を輸送しており、広報担当者は「今後、物流面で影響が出るかもしれない。状況を注視して対応したい」と話した。富山県内に生産拠点を置くYKKグループ(東京)も関空経由で製品の一部を扱っており、別の空港からの代替輸送を検討している。

 北陸電気工業(富山市)は、関空内に電子部品を一時保管する物流倉庫を持つ。倉庫に近づけないため、浸水被害があったかどうかは今も確認できない状況で、輸送正常化の見通しは立っていない。下坂立正(りゅうしょう)常務は「冠水で製品が傷んだ可能性がある。成田、中部空港のほか、船便の利用も選択肢に輸送体制を確保し、顧客や自社生産への影響を最小限にしたい」と述べた。

 食品スーパーのニュー三久(金沢市)では、5日時点で入荷が遅れている商品はないが、農作物や漁業関係の被害状況によっては今後の入荷が困難になる可能性があるという。

 旅行代理店大手のエイチ・アイ・エス(東京)によると、5日に関空を出発するツアーについて、石川、富山の予約客のキャンセルが相次いでいる。各担当者が予約客に電話で連絡し、チケット代の払い戻しや日程変更、発着空港の変更など個別に対応している。

 ほっこく観光小松支店は20日に関空の大連便で出発するツアーを企画している。同社は県内の予約客5人に電話を掛け、ツアーの発着が中部空港に変わる可能性があると伝えた。

 

さて、もし、あなたが 誰でもできる転売に興味があったり、ネットショップなどを経営していて、倒産会社からの仕入や、メーカー処分品仕入れなど、いわゆる、二束三文仕入れに、興味ある場合は、倒産品仕入れのメール配信に登録しておくとよいでしょう。

 

 

倒産品仕入れの登録はこちら!