読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットショップ仕入れの卸問屋や卸サイト

ネットショップ仕入れの卸問屋や卸サイトを紹介しています。倒産品仕入れはココ!https://goo.gl/WAVNQS

せどり転売ではキャッシュフロー管理をして、黒字倒産するな!

 

サラリーマンの副業であれ、独立起業後の専業であれせどり転売という事業ビジネスをスタートしたのであれば、資金管理は大切です。キャッシュフロー管理です。

 

 

転売せどりをされている方は、AmazonのFBAなどの仕組みを利用している人が多いと思います。Amazonで売上げた金額は、すぐには自分の口座に入金されず、1カ月後などに入金されてくると思います。対見ラグがあるのですね。

 

その際、仕入れ金額よりもAmazon入金額が少ないという状況に陥ることがあります。

なぜなら、最初は、とにかく仕入れないと売りようがないわけですから、50万円分とか仕入れますね。しかし、ふつうに考えて、短期間ですべて売れることはないですから、

Amazonからの入金額は30万円だったりします。

 

仕入れ50万円>Amazon入金30万円、この場合に、現金は20万円分でていっているわけで、それは在庫という資産にかわってますね。

 

在庫は売れなければ、現金化できないですから、ここに注意すべきなのです。

 

上の例では、最初50万円仕入れましたね。別途、手元資金があれば、次も仕入れできるので、まだ現金があるという点では安心です。

 

しかし、もし、最初50万円分仕入れた後、手元現金がなければ、仕入れできないわけです。Amazonからの30万円の入金があってからようやく、次の仕入れが30万円分できるようになります。

 

キャッシュフロー経営の「キャッシュ」というのは、売り上げた時点ではなく、実際に口座に現金が入ってきたときの「現金」を意味します。現金がなければいくら売り上げていたとしても、事業は回らなくなります。

 

そんな資金ギリギリの転売せどり経営をしていると、突発的な資金負担(納税資金やクレームに伴う返金処理など)があったときに、払えなくなってしまいます。

 

 

手元資金をギリギリまで使って、資金を働かせるという視点は大切ですが、本当に0に近い状態になってしまうと、いざというときに、身動きできません。

 

仕入れでは、最初は1個だけ仕入れ、次は5個、次は10個、次は50個、100個というように自分のリミッターが外れて慣れていきますが、慣れというのは怖いモノです。

 

100個仕入れたと思ったら、競合が現れて、Amazonの価格崩壊し始めたとか、よくあるケースです。

 

その100個の仕入れ資金をつかって、手元資金がなくなってしまったら、どうなるか、考えたことはありますか?

 

他に仕入れている商品在庫があれば、その商品在庫が売れることで、現金は入ってきますのでまだ大丈夫です。致命的ではないという点で。

 

しかし、その100個の商品で、すべての資金を使いきって、その商品は値下がり、仕入れ商品在庫は他に何も残っていない、というようなケースは悲惨です。

 

また100個の商品がただの値下がりなら良いですが、偽ブランド品だったとか、取り扱いに免許のいる商品だった、など不測の事態も発生する可能性はあります。

 

 

そういう点にはくれぐれも気をつけて、資金繰りキャッシュフロー黒字倒産ということは回避できるようにしましょう。

 

 

Amazonせどり物販をしていると売れる時期というのもありますね。

 

一般的には、2月、8月は売れない月といわれています。一方、12月、1月は売れる月です。個人的には、特に、8月が売れないなと感じています。

 

そういう季節要因による売上変動もありますので、ひと月だけ利益が出ているからといって、その売上/利益がその後も続くと、盲信しないことです。

 

 

とにかく物販事業にかかわらず、キャッシュフロー管理は大切になってきますので、押さえておいてください。