ネットショップ仕入れの卸問屋や卸サイト

ネットショップ仕入れの卸問屋や卸サイトを紹介しています。倒産品仕入れはココ!https://goo.gl/WAVNQS

ブックオフ業績不振に関して思うこと

中古本買取販売大手のブックオフが業績不振だそうです。

 

これまで中古本の売り買いといえば、ブックオフでしたが、最近は、アマゾンやフリマアプリのメルカリやヤフオクなど、個人でも手軽に売り買いできるツールが揃ってきているので、このような大手チェーンによるビジネスモデルは誰も利用しなくなっているのでしょう。

 

中古本でいえば、ブックオフは店舗があれば、すぐに買いたい本と買えますが、店舗内に検索システムはありません。

 

一方、Amazonであれば、マーケットプレイスで中古本最安値の本を検索のうえ、すぐに買えるので、店舗に足を運ぶ必要がありません。

 

買いたい本が決まっているのであれば、ブックオフではなく、Amazonで買うと安く買えるので、いいでしょう。

 

またブックオフに関して私の使い方は、店舗に気になる本があれば、Amazonで検索して、レビューと価格をチェックします。

 

そして、読むまでに2~3日かかっても良いと思えればAmazonで注文しておきます。すぐに読みたいと思えば、ブックオフで、すぐに買います。基本的には。

 

まぁ読むといっても、1日に1冊読めるか読めないかですので、必然とAmazonで買う割合の方が多くなりますけどね。

 

最近では、古本の価値ってほとんどないですからね。電子書籍も出てきているし、最安値で買うプラットホームがでてきている。

 

それにWebAboutさん提供の「倒産品在庫処分品メール」であれば、昨年、古本は、1万冊を10万円(1冊10円計算)で変えました。今は、問い合わせてみないとわかりませんけどね。

 

本の売買に関して言えば、消費者も賢くなってきているので、少しでも高く売りたい人は、Amazonやメルカリで売るし、引っ越しなどのタイミングでまとめて処分したい人であれば、ブックオフなどの業者に売るのでしょうね。

 

ちなみに、私が本を売る際は、基本的にAmazonマーケットプレイスで、1円などの本は、ブックオフに売っています。(または破棄処分)

 

ブックオフが二束三文で買い取っているという情報が流れると売る側としては誰も利用しなくなるのではないでしょうか。