読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットショップ仕入れの卸問屋や卸サイト

ネットショップ仕入れの卸問屋や卸サイトを紹介しています。倒産品仕入れはココ!https://goo.gl/WAVNQS

倒産品/在庫処分品メールを運営するWeb About(株)さんの強みとは?

 

私が思うに、「倒産品/在庫処分品メール」を運営する、WebAbout(株)さんの強みとは、なんといっても日本一安い仕入れ商材を低コストで配信できる仕組みだと思います。

 

その強みの源泉となっているのは、ネット検索キーワード「在庫買取」で1位を維持していることでしょうね。

 

元々、WebAboutさんは、2011年に創業されて、買取関連のサイトを作られていたようです。資格教材買取専門館、中古品買取専門館、ときて、東日本大震災をきっかけに、法人向けの買取サイト、「法人在庫買取専門館」をオープンされたそうです。

 

震災がきっかけというのが、時流をとらえた感じはしますね。その後、テレビ東京テレビ朝日東洋経済などのマスコミに取材され、一躍、世間に知られるようになったそうな。

 

「在庫買取」というと、私たち転売屋のネットショップは、(そもそも私たちは仕入れ販売なので)買取=リサイクル、という先入観をもっていて、リサイクルとは無関係な感じもしますが、新品を入手するという点では、買取(リサイクル)=仕入れせどりですね(笑)

 

こういう買取という言葉のイメージにとらわれず、本質が何であるかをとらえるのは重要だと思います。

 

私たちせどらーは、家電量販店などで安いバーゲン商品を仕入れAmazonで売るというスタイルで、利益率も1~2割が当たり前だと思っておりましたが、買取という方向へ目を向けると、利益率が8割以上という世界があるのですね。

 

その「在庫買取」で認知されているWebAboutさんは、いいところに目を付けられたな、と思います。こういう誰もが参入しそうでしなさそうなニッチ市場がこれからのビジネスには良いのかもしれませんね。

 

転売という大きなキーワード市場で1位は無理でも、倒産品仕入れというニッチキーワードで1位なら覚えてもらえやすそうですものね。

 

日本全国の倒産品や在庫処分品を一手に引き受けているWebAboutさんは、法人在庫買取専門館から以外にも、仕入れルートを構築されているそうです。

 

私は、先日お伺いしたときに、そのあたりの仕入れノウハウを少しだけお聞きすることができました。しかし、やはり肝心のノウハウの肝については、教えてもらっていません。やはり、仕入れは企業の生命線ともなるので、守秘義務なんでしょうか?

 

最近、こうして倒産品/在庫処分品メールに関するブログ記事を書いていてわかってきたことがあります。それは物販事業者(転売事業者)なら当たり前ともいえますが、仕入れを制する者は、生き残るということです。

 

私たちネットショップバイヤーとしては、そういった仕組みを持ったWebAboutさんにあやかりたいものです。