読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットショップ仕入れの卸問屋や卸サイト

ネットショップ仕入れの卸問屋や卸サイトを紹介しています。

倒産品/在庫処分品メールの有効な使い方とは?

倒産品/在庫処分品メールをできるだけ有効に活用したいというのは誰しも考えていることだと思います。

 

何度か、メール配信を受けてきて実際に仕入れさせてもらったりもしましたが、一番良いのは、メール配信直後に、仕入れ希望を法人在庫買取専門館さんにメール連絡することでしょうね。

 

基本的には先着の要素が強いと思いますし、一般的に考えて、1週間前の配信案件を仕入れたいといっても、もう売り切れていると考えるのが筋です(人気商品は特に・・)

 

だから、メール配信されてきたらすぐにメールを開封して、その商品を仕入れるのかどうか、Amazonやラク点で相場リサーチして、仕入れるのであればすぐに法人在庫買取専門館さんに連絡されてください。

 

そうすると、仕入れられる可能性は高いと思います。

 

 

あとは、ある程度の数量をまとめて仕入れると、良いと思います。ネットショップを開業したばかりの人やせどり転売をスタートして間もない方は、資金的に、たくさんの商品を仕入れることは難しいと思いますが、まとめて仕入れることで、手間も1度で済みますし、諸経費も1回だけで済みますから、商品1点当たりの仕入れコストがきわめて割安になりますよね。

 

メール配信の案件としては、数万円からでも仕入れできますし、数十万円の仕入れもできるので、ネットショップやせどり転売スタートして間もないのであれば、小資金の仕入れをしてみて、軌道に乗ってきたのであれば、まとめて数十万、数百万の仕入れをされるとよいと思います。

 

まとめて仕入れて自社の倉庫やAmazonの倉庫へ送っておいて、配送を自動化するという方法も今では一般的ですし、仕入れることでようやくその後の進め方(売り方)を決めていくことができるのもメリットの一つです。倒産品や在庫処分品を仕入れて、その後、試行錯誤しながら、商品を売っていくまでのルートを作っていく感じですね。このように、実践ベースでやっていく人は、誰よりも早くノウハウがたまるでしょうね。

 

今回のポイントは、倒産品/在庫処分品メールの有効な使い方として主に2つ挙げました。

 

1つめは、できる限り早く仕入れ判断を行うこと

2つめは、まとめて仕入れること

 

ですね。

 

そのためには、メールをいつでも見れる環境をつくることです。ちなみに、倒産品/在庫処分品メールでは、サブアドレスを登録できるので、PCアドレス以外にスマホアドレスなどを登録するとよいでしょう。

 

そして、仕入れ資金をストックしておくことが大事です。

 

物販の場合は、仮に30万円で倒産品を仕入れたとしても、WebAboutさん経由の商品がもともと安いので、リスクはほとんどないのですね。ローリスク、ミドル/ハイリターンを狙える仕入れがこのサービスの良いところでもあります。