読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットショップ仕入れの卸問屋や卸サイト

ネットショップ仕入れの卸問屋や卸サイトを紹介しています。

倒産品仕入れしてヤフオク転売とAmazon転売する方法が王道です。

倒産品仕入れしてどこで売るかどこで売るかという問題がありますね。

 

倒産品在庫処分品の配信メールを活用して倒産品仕入れをしたならば、売るところと言えば、大きく分けてヤフオクAmazonだと思います。

 

それぞれの販路に特徴がありますのでそれを書こうと思います。

 

まず、ヤフオクです。

 

倒産品仕入れをしたなら、ヤフオクで転売するとよいですが、ヤフオク転売に適している商品といえば、とにかく「誰が見ても安い商品」ですね。ヤフオクは日本のプラットフォームの中で最も安いプラットフォームなので、そこで売るためには、本当に安くないと売れないと思います。

 

その点、倒産品仕入れ仕入れた商品であれば、二束三文仕入れなので、ヤフオク転売に適しているというわけです。とにかく、日本一安く仕入れられる卸問屋は倒産品仕入れなので徹底的に活用してヤフオク転売を繰り返すと良いですね。

 

次に、Amazonです。

 

Amazonも販路としては多くの方が使っている販路であり、今や、本、CD以外に、何でも扱っているのがAmazonです。そのAmazonを販路として売っていくということになりますね。

 

Amazonの特徴としては、型番商品が得意ということです。型番検索されると、その商品の最安値が見れるので、最安値で買われる傾向にあります。

 

だから私たちネットショップ事業主としては、Amazonの型番商品を仕入れて、最安値で出品しておくと良いのです。

 

ヤフオクAmazon転売どちらをするにせよ、倒産品仕入れをする前に、どちらで転売するのか(またはどちらとも利用するのか、他の販路も利用するのか)を決めておくとよいでしょう。

 

今はヤフオクAmazonともに安くて低い相場になっていますので、本当に安い商品でないと価値が無いのです。

 

一般のお客様というのは、目が肥えていて、高い価格で買うようなバカなことはしません。同じ商品であるなら、できるだけ安い価格帯で買うように行動します。

 

そのために、私たちネットショップ事業主は、良い商品を、最適な販路で、一番安い価格で提供すればお客様はリピーターになって下さるのですね。

 

そのために、仕入れルートを構築して、ヤフオクAmazonの2大販路は使いこなせるように準備しておきましょう!