読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットショップ仕入れの卸問屋や卸サイト

ネットショップ仕入れの卸問屋や卸サイトを紹介しています。

倒産品を卸問屋から仕入れる方法

倒産品を卸問屋から仕入れることってできると思いますか?

 

せどり、転売、仕入れ販売などのネットショップをされている方にとって、倒産品を仕入れるというのは、「夢」ではないでしょうか。

 

なぜなら、倒産品=二束三文、だからですね。

 

二束三文で倒産品の仕入れることができればネットショップで売って十分に利益を出すことができるでしょうし資金繰りにもゆとりが出てきます。

 

逆に、今、ネットショップなどの転売事業(せどり)で利益が出ていなかったり、資金繰りが悪いのであれば、倒産品を仕入れることで、資金繰りの悩みから脱出することさえもできるでしょう。

 

仕入れ価格をみてみましょう。

 

一般の仕入れでは卸問屋から、上代の6掛けとか7掛けで仕入れることが多いと思います。一般のネットショップであればこのような掛け率のはずです。

 

しかし、それが倒産品仕入れを専門に行っている卸問屋経由であれば、ざっくりいうなら、上代の1掛けで仕入れることができるのです。

 

もう一度書かせていただきます。

 

上代の1掛けでの仕入れです。書き間違いではありません(笑)

 

上代の1掛けでの仕入れが実現できると、貴方のネットショップ(転売せどり事業)はどうなると思いますか?

 

それは、もう想像しての通り、です。

 

仕入れに関する金銭的リスクがないので、仕入れた商品が売れればほぼ利益となります。ほぼ利益となるから、その利益でさらに追加仕入れしていただけます。

 

一旦この流れをつくれると、あとは好循環となっていきます。「追加仕入れをして、さらに売れる(しかも多くの利益がでる)、そしてその利益でまた仕入れる」・・という循環(サイクル)の出来上がりです。

 

このように、ネットショップの経営では、カギとなる仕入れをどの卸問屋をつかうか、というのが重要になってきます。

 

卸問屋にも、割高な商品ばかりを提供する卸問屋や、売れない商品ばかりを提供する卸問屋もあります。

 

転売、せどりなど、ネットショップ経営を始めるのなら、卸問屋の存在は重要で、知り合いの流通業者さんなどに教えてもらうのがよいでしょう。

 

ここでは、倒産品を専門に扱っていらっしゃる法人在庫買取専門館さんをご紹介しています。

 

法人在庫買取専門館さんでは、ニッセン、ベルメゾンベルーナ、マルイ、セシールディノス、ZOZOTOWNなどの処分品を大量に扱っていらっしゃったこともあり、今後も案件を期待できるのではないでしょうか。

 

インターネットで、「倒産品/在庫処分品メール」と検索されれば、倒産品/在庫処分品メールを紹介したブログやホームページがたくさん出てくるので、もし必要であれば、ご登録されるとよいと思います。

 

ネットショップ経営は、卸問屋が大切、ということです。