ネットショップ仕入れの卸問屋や卸サイト

ネットショップ仕入れの卸問屋や卸サイトを紹介しています。倒産品仕入れはココ!https://goo.gl/WAVNQS

ネットショップ開業でネット卸/ネット問屋/メーカーから個人でも直接安く仕入れる方法について


ネットショップ開業でネット卸/ネット問屋/メーカーから個人でも直接安く仕入れる方法について

 

アパレル、雑貨、服、洋服、輸入雑貨、バッグ、アクセサリー、文房具、ドレス、ファッション、腕時計、衣料、食品、家電、おもちゃ、ブランド、コスメ/化粧品など、商品/商材を個人ネットショップでも安く仕入れる方法を3つ紹介します。

 

個人で、せどり、ネット転売、セレクトショップ、ネットショップ、雑貨屋を開業するにあたって、仕入れ先は重要ですよね。

 

さて、ここで質問です!

 

セレクトショップやネットショップを開業された方は、いったい どこで商材/商品を仕入れていると思いますか?

 

一般的には、ネットの仕入れサイト(仕入れネッシーnetsea、ラクーン、スーパーデリバリーsuper delivery)、卸業者、卸 問屋、仕入れ業者、ネット問屋、現金問屋、卸サイト、btob 卸サイト、卸売業者、web 卸問屋、btob market、激安卸問屋、転売 仕入れサイト、卸 問屋.com、btob マーケット、卸通販サイト、ザッカネット、楽天 b2bdena btob market、イチオクネットWeb現金問屋街、dena 問屋、卸ドットコムなどの仕入れルートだと思われます。

 

ただ、これらの仕入れルートは、一般的すぎて、多くのネットショップ開業者(転売屋、せどらー、楽天ショップ、Amazonショップ、ヤフオク販売者)が利用しているのが現状なのです。

 

そのため、このような商材仕入れ業者(卸業者)から仕入れても、競合が多いので、ネットショップにとってはなかなか利益を出すことが難しいのですね。

 

これがネットショップ開業者の多くが開業からわずか1年で倒産してしまう原因でもあります。つまり、仕入れ先が競合他社であるネットショップやセレクトショップ、雑貨屋とカブってしまうため、会員登録して何か安い商品/商材を仕入れたとしても、利益を出すことは難しいということです。

 

そこで多くのネットショップ開業者が考えるのは、他の仕入れ業者や仕入れ方法です。たとえば、海外仕入れ、とりわけ中国仕入れ(具体的には、義烏仕入れ)などは、昨今、仕入れ先としてブームとなっているようですが、まとまった仕入れ資金が必要であったり、代行業者や輸送業者の利用など仕入れノウハウを確立する必要もあり、開業間もないネットショップにとっては敷居が高いと思います。

 

そのため、賢いネットショップオーナーは、日本国内で、小ロットから小資金で雑貨など商材/商品を仕入れることが 最もリスク/敷居が低いということに気づくわけです。

ここで、私が仕入れ先としてオススメするのは、下記のルートです。

 


その1・・ヤフオク

 

このヤフオクという個人間取引の市場では、楽天市場Amazonと違って、個人の商品出品者がいて、激安、格安など、相場に関係なく、安くても売ってしまいたい方がいますので、そのような方の商品をうまくリサーチすることができれば、仕入れ対象になりうるでしょう。

 

実際に、私の知り合いのネットショップも、ヤフオクでツールなどを使って商品/商材を仕入れて、アマゾンや楽天、イーベイ(ebay)で転売して事業として成り立たせています。

 

また、私自身がヤフオクで出品していて、アマゾンやヤフーショッピング、楽天で販売されると思われる方に、落札されることもありますね。(笑)

 

下記のようなことからヤフオク仕入れ先に使っているとわかるのです。


・落札者の事業者名
・領収証希望
・納品先をAmazonFBA倉庫へ指定


傾向として、個人事業のネットショップさんが多いように思われますね。

 

 

その2・・メルカリ

 

次に、フリマアプリとして、利用者急増中のメルカリです。メルカリは、個人の出品者がほとんどで、相場はあまり関係なく価格設定されていることも多いですね。

 

そのため、転売せどり用に商品をリサーチしている人が多いと聞きますし、私自身、メルカリをチェックしていると、相場よりも安い商品をときどき見つけることはあります。

 

最近では、メルカリでの仕入れ用ツールや仕入れ方法(コツ)を解説した情報商材なども存在しますよね。

メルカリで仕入れヤフオクで売る、メルカリで仕入れてアマゾンで売る、メルカリで仕入れebayで売る、など取り組んでいるネットショップは多そうです。


ヤフオクと比較して、メルカリ仕入れの良いところは、即決価格で購入できること、出品者によっては値引き交渉に対応してもらえるというところですね。

 

シンプルな取引なので仕入れとしては使いやすいです。メルカリに倣ってか、ヤフオクもフリマ出品という出品ができるようになりましたね。

 

このように仕入れ先の選択肢が増えるということは、個人のネットショップオーナーにとっては、良い環境がそろってきたと言えるでしょう。


さて、ここで、少し疑問に思われたネットショップバイヤーの方もいらっしゃるかもしれません。

ヤフオクやメルカリは、基本的には、商品1個づつの仕入れなので、「面倒」「手間」「時間がかかりすぎる」「利益率が低い」など、です。


確かに、少しの利益(転売益)を出すだけで良いのであれば、メルカリ、ヤフオクに会員登録して仕入れルートとして利用されるのがよいですが、もう少し効率よく、仕入れたい、という方、具体的には、もっとまとまった単位(ロット)で仕入れたいという方には、下記の仕入れ方法をオススメします。

 


その3・・・倒産品/在庫処分品メール

 

 

この仕入れルートの特徴としては、

 

リアルタイムに依頼の入ってきた倒産品/在庫処分品/決算処分品情報がメール配信されるので、その商品を仕入れるるかどうか、バイヤーさんご自身で決めていただけます。

 

ご自分の販路(ヤフオク、メルカリ、Amazon楽天ebay、取引先、実店舗など)で販売しても利益が出る水準の仕入れ価格であると判断されたなら、仕入れることができますし、利益が出そうにないと判断されたなら、仕入れる必要はありません。

 

仕入れサイトのスーパーデリバリー、仕入れネッシーなどと違って、月額費用が要らず、完全に自分のペースで仕入れることができるのです。

 

対象者:

・ネットショップさん
・転売屋(せどらー)さん
・その他


金額目安:

数万円~300万円ほど、案件により様々 *これ以上の金額案件も多々あり


利用者の声:

この仕入れルートを運営する Web About(株) 法人在庫買取専門館 は、倒産品/在庫処分品を扱っていて、全国のメーカーや卸業者をまとめてくれている。メーカーや卸業者が倒産するときや決算処分のタイミングには、運営元に買取依頼の連絡が入る。その時点で、私たちメルマガ登録者(ネットショップバイヤーなど)に一斉にメール配信されるという仕組みです。

 

正直、競合のネットショップには教えたくないですね…。実際に利用するかどうかわからないけれど、仕入れ選択肢のひとつとしてはもっておきたいカナ!

 


成約案件の紹介:

・腕時計 100点弱
・危険予知ボード 300点
・Tom & Teddy スイムウェア 1,457点
・カメラストラップ 665点
・4/トヨタスイパー、6/パイプクリーナー
・モバイルバッテリー等 1,560個
・スチームモップ 145台
・雑貨(エコバック1,986点、お守り2,939点、ミニタオル6,999点、ストラップ他
・雑貨(食品周り、ポーチバッグ類、衣類関係、文具類、その他雑貨)
・マジックポットⅡ
・ココナッツオイル1,000個、4,000個
・その他多数

 

無料仕入れメールへのご登録は下記からどうぞ♪

 

倒産品/在庫処分品メール

 

 

【厳選】倒産品/在庫処分品メールが紹介された転売サイトやせどりブログ

 

ライバルに差をつける「卸屋以上」の仕入れ先 – メルカリ即売れ情報局

巷で話題の倒産品/在庫処分品メール | 【沖縄発】電脳せどり劇場

【転売】破格仕入れがビジネスチャンス!あの大手よりも最安値で仕入れるコツとは!?: 通販オススメ情報